6月7日特別講座「ホームドクターになるために」開催します

最新イギリスアロマ事情
日英で活躍されているアロマセラピスト、イネス多恵子さんをお招きします。
よりよく生きるためにホームドクターになりませんか。
アロマやイギリスのセラピー事情に興味のある方は是非ご参加下さい。
イギリス在住の講師ならではの内容です。
(香りのこよみとイネス先生とのご縁について、こちらに書きました。)

皆様のご参加をお待ちしております!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
「ホームドクターになるために」
講師からのメッセージ

「誰もがホームドクターに」をコンセプトに、心と身体の深い関連性、生活の中での要因と予防対策についての知識を、英国メディカルアロマセラピーを通して統合医療の視点から学びます。
簡単な医学の知識から精神医学、予防医学を学び、あわせてセラピー学の進んだ英国医療情報も提供しています。
【イネス多恵子氏プロフィール】
ギルフォードカレッジ オブ アロマセラピー校長
英国IFPA認定アロマセラピスト 日本歯科衛生士国家資格取得
福岡県出身 英国伯爵イネス家に嫁ぎ英国在住
自ら幼少の頃より病弱で人並みに生きたいと強い願望の中、英国の友人(医師)からもらった一冊の医学アロマセラピーの本をきっかけに精神と身体の自己免疫強化の重要性を知り、アロマセラピストを目指す。
英国ギルフォードカレッジにて「解剖生理学」を終了後、アロマセラピストコースを専攻。
資格取得後更に国際資格IFPA/Principal(学長のこと)を取得。英国にてクリニックを開業。
福岡にて英国IFPA認定校ギルフォードカレッジ・オブ・アロマセラピーを開校
後進の育成だけでなくホリスティック療法に基づいたセラピー学やメディカルアロマ、予防医学、精神学などについて病院、施設、医療機関や各種学校、大学、企業にて講師を務める。
現在、英国と日本を拠点に活躍中
(IFPA:国際プロフェッショナルアロマセラピスト連盟)
日時 :6月7日(木)13時30分~16時30分<終了しました>

会場 : 香林院 渋谷区広尾5-1-21   Google mapはこちら
・地下鉄日比谷線広尾駅 徒歩3分  広尾駅からはこちら
・都バス[都06]系統(渋谷駅前~新橋駅前)
広尾1丁目/広尾5丁目 徒歩3分  バス停からはこちら
・JR・地下鉄日比谷線恵比寿駅 徒歩13分
※ 畳のお部屋ですので、座りやすい服装でお越し下さい。
※ 講座が二時間、その後茶話会となります。
参加お申込み時にご質問がある方はあわせてご記入ください。
会費 :4,000円  (茶菓代を含みます)
事前振込み 直前のキャンセルはキャンセル料を頂く場合がございます 

定員 :20名   定員になり次第締め切ります
主催 :香りのこよみ/アロマセラピスト 加藤 明子 ・ 墨谷 美智子
お問合せ・お申込みは 
kaorinokoyomi@gmail.com
 まで

「チベット医に聞く」開催報告

「香りのこよみ」で初めて企画した講演会「チベット医に聞く」が満席にて無事に終了しました。
ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。
48_1.jpg
当日、4月8日はお釈迦様の誕生を祝う花まつり。
お釈迦様の像に甘茶をかけて祝う風習にちなみ、甘茶で皆さんをお迎えしました。
講演は「チベット医学の薬ができるまで」を、薬草を採りに行くところから、
薬を作り、患者さんを診察して薬を処方するというところまでを伺いました。
医学校での勉強の様子を聞いていると、ヒマラヤ山中で薬草を摘むたくましさ、
分厚い医学教典を暗誦する過酷さなど、チベット医のイメージが修行僧に重なっていきます。
48_2.jpg
千年前と同じことが今でも行われているというのがチベット医学の凄いところです。
検査技術などでは現代医学に敵わないけれど、医者と患者さんが沢山おしゃべりをするなど、とても大事な医療の原点が残っています。
脈診を見せていただいたり、丸薬を味見したり、と、聞いて、見て、味わって、
奥深いチベット医学の一部を垣間見るように体感しました。
当日、受付で香りのこよみのパンフレットと一緒にお渡しした太陽のテラコッタには、
ヒバ精油の香りが付いていますので、部屋やクローゼットなどにお使い下さい。
香りが消えた後は、また精油を垂らして繰り替えし使えます。
友人が講演会に参加して感想をブログに書いてくれたので紹介します。
http://ameblo.jp/oyakokame/page-3.html
「香りのこよみ」ではこれからも不定期に講演会を開催する予定です。
次回をどうぞお楽しみに。

「チベット医に聞く」小川康先生より講座に向けてのメッセージです

アムチ(チベット医)とは
チベット民族の健康を担う医師としての役割はもちろんのこと、険しいヒマラヤ山中から薬草を採取して製薬する薬剤師の役割、祈りを捧げて御加持を込める僧侶の役割、歴史や文学、歌などに精通した学者としての役割、これら全てを担うことで民衆からの確固たる信頼を獲得し、古来よりヒマラヤ地域に根ざしてきた存在がアムチなのです。アムチは地域の信頼の中に存在し、また逆に、地域の人々の信頼を紡いでいく風のような役割を担い続けているともいえます。
本講座では医学の教えだけにとどまらず、多様なチベット文化の世界にみなさまを御案内いたします。

4月8日特別講座「チベット医に聞く」開催します

アロマセラピーと同じく、植物を使う伝統医学、チベット医学を現地で10年間に渡って学ばれた小川康さんをお招きします。
皆様のご参加をお待ちしております!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
「チベット医に聞く」
薬剤師であり、外国人初、日本でたった一人のチベット医「アムチ」である
小川康氏をお招きし、チベットと日本の伝統医療についてお聞きします。
チベット伝統医療の魅力を感じにいらして下さい。

講師からのメッセージはこちら
【小川康氏プロフィール】
薬剤師、富山県出身。1970年生まれ。東北大学薬学部卒。
1999年1月よりインド・ダラムサラにてチベット語・医学の勉強に取り組む。
2001年5月、チベット圏以外の外国人として初めてメンツィカン(チベット医学暦法学
研究所)の入学試験に合格する。2007年11月学業修了。
2009年3月、1年間のインターンを修了し正式なチベット医・アムチとして認められる。
帰国後、「チベット医学・薬草研修センター」を薬草が豊かな長野県小諸市に開設。
チベット医学とともに日本古来の伝統医療の紹介、普及に務めている。
著書「僕は日本でたったひとりのチベット医になった ヒマラヤの薬草が教えてくれ
たこと」(径書房)、雑誌「ソトコト」の「世界ハーブ紀行・チベット編」執筆など。
日時 :4月8日(日)13時~15時(開場12時30分)<終了しました>

会場 : 香林院 渋谷区広尾5-1-21   Google mapはこちら
・地下鉄日比谷線広尾駅 徒歩3分  広尾駅からはこちら
・都バス[都06]系統(渋谷駅前~新橋駅前)
広尾1丁目/広尾5丁目 徒歩3分  バス停からはこちら
・JR・地下鉄日比谷線恵比寿駅 徒歩13分
※ 畳のお部屋ですので、座りやすい服装でお越し下さい。
会費 :3,000円(当日お支払下さい)
アムチセレクトのチベットのおみやげ付きです

定員:30名 (締め切りました。たくさんのお申込みありがとうございました。)

主催:香りのこよみ/アロマセラピスト 加藤 明子
墨谷 美智子
お問合せ・お申込みは 
kaorinokoyomi@gmail.com
 まで