クラリセージの花が咲きました。

クラリセージの開花一番の香りを嗅ぎたくて、去年の春、庭に苗を3本植えました。
そのうち2本はすくすく伸び、初夏には1mほどに育って、開花。
みずみずしいマスカットのような香りで、精油のクラリセージとはまた違った印象です。
その強香は普段庭に見かけない熊蜂を開花中毎朝呼び寄せていました。
残りの一本はといえば、全く伸びず、また枯れるでもなく、秋、冬を過ぎました。
今年の春を迎え、急にすくすく伸び始め、5月下旬開花しました。
さらに6月上旬には、開花後も花穂は放射状のどんどん伸びて1.6mまでなりました。
今は、みずみずしいマスカットのような香りから、グレープフルーツの苦味にような香りに変化しています。今年も朝、熊蜂が来ています。クラリセージは二年草なので、最初の2つの苗はおととしの春に種を蒔いたもので、やっと一年遅れで咲いた残りの1つの苗は、おととしの秋の種を蒔いたものということなのでしょうか。
今度は種から蒔いてクラリセージを育てて見ようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA