七草がゆ

1月7日(人日)は五節供のなかの、七草の節供。
この一年の健康を願い、春の七草でお粥を作りいただきました。
古来より、七草がゆには、若菜の生命力に富んだ若さがめでたいものとされ、
青菜の不足する冬の時期にその補充の意味もあるとのこと。

左から、ハコベラ(ナデシコ科)、ゴギョウ(キク科)、スズシロ(アブラナ科)、セリ(セリ科)、スズナ(アブラナ科)、ナズナ(アブラナ科)、ホトケノザ(キク科の別名コオニタビラコ)

七草を塩を少々加えたお湯にくぐらせ切っていると、青葉のの香りが立ち上がってきました。
あらためて七草を見てみると、とても身近な植物が、ハコベとナズナ(ペンペングサ)。
幼い頃、おままごと遊びをしたときの匂いと同じでした。
その頃を想い出し、みどりの香りを味わいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA