6月季節講座「アロマで夏ケア」教室の様子

梅雨の晴れ間の過ごしやすい日でした。
これからやって来る蒸し暑さに備え、ボディパウダーとスキンケアジェルを作りました。
どちらも混ぜるだけで簡単にできますが、ちょっとしたコツがあるので、
そこは教室でお伝えしました。
まずパウダーはコーンスターチとハーブパウダーで作ったのですが、
2週間ほど前に長野で収穫したばかりのラベンダーが手に入ったので、
それを乾燥してパウダーにしました。
枝からラベンダーの花を指で摘み取り、集めてミルサーで細かく挽くと、
爽やかな花の香りがいっぱいに広がりました。
ピンクローズもミルで挽き、甘い香りがさらに重なると、この上なく幸せです!
今日はこの2つのハーブでフローラル調のボディパウダーに仕上げました。
サラサラ感を持続させるだけでなく淡い香りも残します。
0615.jpg
そしてジェルは、ボディケア用に作る場合にはキサンタンガムを精製水で溶き、
香りは精油を加えましたが、フェイスケア用に作る場合には精製水の代わり
ローズウォーターで溶き、精油は加えないことをおすすめしました。
その方が刺激が少ないので、敏感肌の方でも使いやすくなります。
いずれにしても、ジェルは水ベースで長持ちしないため、大量には作らず、
鮮度が落ちないうちに、香りを楽しみながら使ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA