香水コース(1)教室の様子

香林院さんのお庭の金木犀の香りに秋を感じながらも、
まだ蒸し暑さの残る日でした。
初参加の生徒さんも加わり、今年最後のコースは香りをとことん楽しむ
「香水コース」です。
1回目では、初めに古代から香りがどのような目的で使われてきたかを
ご説明し、古代エジプトの薫物「キフィ」、フランキンセンス樹脂、
ハンガリアンウォーターなど、歴史に残る香りを体験していただきました。
実習は粉末材料で作るインセンスです。
講座で手作りをする時はビーカーやガラス棒など、理科の実験で使う道具を
よく使いますが、お香の材料を練る時には乳鉢を使います。
1006_1.jpg
適度な柔らかさに練ったら、写真のようなコーン型や
小さめのクッキー型を使って成型します。
こちらの方はとてもきれいに仕上げていらっしゃいました!
1006_2.jpg
秋の夜長にぜひお香の香りを楽しんでください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA