2013年6月30日「はじめての漢方」開催報告

「香りのこよみ」第3回特別講座「はじめての漢方」を満席にて開催いたしました。
ご参加いただいた皆様どうもありがとうございました。
講演は、漢方の考え方・舌診・体質タイプ別養生と食事について伺いました。
佐々木史歩先生の丁寧でわかりやすい説明で、陰陽五行説や気血水・五臓の役割など基本がよく理解できました。
中国から日本に伝わった東洋医学が、日本の風土・気候・日本人の体質に合わせて独自に発展を遂げた漢方の力を、あらためて見直しました。
IMG_4734.jpg
ちなみに、香りのこよみを開催させていただいている香林院さんの奥の祥雲寺さんには、安土桃山時代~江戸初期まで時の権力者に仕え活躍した漢方医、曲直瀬玄朔のお墓があります。
ティータイムは佐々木史歩先生がお持ちくださった杜仲茶とクコの実を皆さんといただきました。
0630_1.jpg
当日の6月30日は夏越の大祓でした。
これからの夏をまず乗り切るために、セルフケアとして、毎朝舌を見る習慣を持つことと生活の養生と食事の方法を活用していきたいと思います。
IMG_4799.jpg
「香りのこよみ」ではこれからも不定期に特別講座を開催する予定です。
次回をどうぞお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA