第11回教室「おもてなしの香り」教室の様子

今年最後の教室は温かい陽射しに恵まれました。
初めに、先月に作った香水を持ってきていただいたので、熟成後の香りの変化を皆さんでシェアしました。
「香水作りがすごく楽しかった!」という感想をいただいて、来年のじっくり取り組む「香水コース」はさらに楽しいものにしたいと思っています。
その後、今月のテーマに移り、自宅にお客様をお迎えする場面をイメージして、「おもてなしの香り」の精油をブレンドしました。
香りの系統や持続時間を考慮しながら、精油を5,6種類選んでいただきましたが、アクセントになるスパイス系などの精油は、1,2滴加えただけでブレンド全体の印象を大きく変えるので、細かい調整をしながら慎重に完成させていきました。
ブレンド精油は一つ作っておくと、とても役に立ちます。
今回はソイワックスでキャンドルも作りましたので、芯のくぼみにブレンド精油を垂らしてお部屋に香らせることができますし、アロマライトやデフューザーに使ったり、エタノールと精製水で薄めてスプレーにしても使えます。
いろいろと試してみてくださいね!
来年1~3月の「ブレンドコース」では今回のような空間の香りの演出をTPO別に考えていきますので、「また違う香りをつくってみたい」という方、「今回、参加したかったけど出来なかった」という方もぜひどうぞ!
手作りのポマンダーもご紹介しました。(下の写真の左側)
ポマンダーとはヨーロッパで昔から作られていた、日本の薬玉のような香り玉です。
今では生のオレンジに乾燥クローブを刺して、シナモンパウダーを振り掛けるという作り方が定番のようです。
クローブの強い抗菌力のおかげで、何年も腐らないそうです!
また、嗅覚のしくみや特徴を図解で確認しました。
12.jpg
最後に今年1年間の教室を振りかえって、参加者の皆さんの感想を聞かせていただきました。
 「色々なものが意外と簡単に作れることを知って、自分でも作れるんだ!という発見だった」
 「自分の好きな香りの系統があることがわかった」
 「精油ごとの特徴がなかなか覚えられないので、もっと覚えてブレンドできるようになりたい」
などなど。
皆さんの香りとの出会い、発見、そして使いこなすというステップを、来年もご一緒したいと思っていますので、「香りのこよみ」へのご参加をお待ちしております!
2013年のご案内はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA