第8回教室「秋のローズスペシャルケア」教室の様子

暑さ寒さも彼岸まで-と言われる通りに、ひんやりした雨の日になりました。
今回は夏のダメージを受けた肌を元気にする精油、芳香蒸留水、ハーブ、クレイの使い方を紹介し、ローズの蒸留水を使った化粧水を作るという盛り沢山の内容でした。
お手入れをした肌と、しない肌の違いを実感していただくために、片側の手の甲だけにハーブでゴマージュ(スクラブ)をした後、クレイパックをしてみました。
10分間置いて洗い流すと...
9_2.jpg
じゃーん!!
9_3.jpg
お手入れをした左手の方がさらに肌色が白く明るくなりました。
クレイには吸着、浄化、保湿などのはたらきがあり、パックのあとは肌がしっとりしてなめらかになります。
「肌理が整ってる!!」体験した方の第一声です。
その上に、今回作ったローズの化粧水をつけます。
また鍋を使った蒸留法も紹介しました。
写真は事前に撮ったものですが、教室でもこれと同じ鍋(浅、深、2段のザルのついたパスタ鍋)を使ってレモングラスを蒸留しました。
まず鍋の底に精製水をいれ、深い方のザルに材料を入れます。
9_4.jpg
その上に浅い方のザルに器を置いて重ねます。
9_6.jpg
蓋を裏返しに置き、火に掛けます。ハーブの良い香りがしてきます。
蓋の内側に水蒸気が水滴となって付き、蓋の取っ手を伝って器にたまります。
9_7.jpg
自分で育てたハーブや摘んできた野草などがある時に、この方法で蒸留水を作って化粧水などが作れます。
ぜひ試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA